新天地のスタートは引越しのスムーズさにかかっている

作業員

スマートに新居へ

部屋

最小限で新居へ

寒い冬が終わると、春がやってきて新学期が始まります。仕事や学校などで新たな地へ引越し、なんて人が多いのではないでしょうか。しかし、引越しは、お金が掛かるし、忙しいのに時間も掛かります。そこで、安い引越しのための工夫をいくつか紹介します。まずは、引越しが決まった時点で、現在住んでいる自宅の整理を始めましょう。そうすることで、新居に持っていく荷物が少なくなり、基本的に業者は荷物が少ないほど安くなるため、費用を抑えることができます。そして、その減った荷物の中で自分が運べる荷物を自分で運ぶことでさらに費用が抑えられます。しかし、冷蔵庫やタンスなどの大きいものは業者に頼まなくてはなりません。その時は、土曜、日曜、祝日は避けると、安い料金で頼むことができます。

メリットづくしで新居へ

先ほど紹介した工夫を使えば、安い費用で引越しができます。しかし、これらの工夫は安い費用で引越しができるだけではありません。引越しの荷物を直前にまとめるのは、時間がかなり掛かってしまい、体力的にも大きな負担が掛かってしまいます。先ほど言ったように、引越しが決まった時点で自宅の整理を始めておけば、直前に負担が掛かることがありません。さらに、自宅の整理をしながら、新居での生活に必要な物を計画することができるので、引越し直後の生活への負担も軽減することができます。また、自分で荷物を運ぶことで、業者に合わせるスケジュールを減らすことができ、自分のペースで引越しを進めることができるので、余裕を持つことができます。